アイキャッチ

中村式 行動心理学セミナー

このページをご覧いただきありがとうございます。今日はあなたにお願いがあってこの手紙を書いています。

 

というのも、あなたに、中村光太郎の新しいプログラム『中村式 行動心理学セミナー』を試していただきたいと思ったからです。とはいえ、私たちはいつもこんなことをするわけではありません。なぜ今回、わざわざそんなことをあなたにお願いするのか?もちろん、それには理由があります。というのも、、、

 

正直に言って、このプログラムの内容があなたに受け入れてもらえるかどうか分からないからです。この中には一般的に”非道徳的”と捉えられかねない内容が含まれています。

白状します…

あなたも治療院経営者であればおそらく中村光太郎という人物をご存知でしょう。開業3年目の現在、一人治療院ながら営業日数平均16日で400万円以上を売り上げる人物です。その業績が認められ、DVDも複数の業者から販売されています。彼が業界に与えた影響は大きいものでした。例えば・・・

事例1)

1回10分12000円という短時間高単価ながら月350名以上の患者さんが毎月来院

 

多くの治療家が安売りしても多くの患者さんを集客することができていません。しかし、中村の治療院は短時間であり、高単価でもあります。それでも予約帳には常に250名以上の予約が埋まっているのです。

事例2)

彼が立ち上げたセラピストスキルアップ実践会はたった1年でメルマガ読者8000人、毎月のセミナーでは平均300名以上を集客

 

1年前に立ち上げたセラピストスキルアップ実践会は設立して3ヶ月後には全国展開し、
現在は毎月4会場でセミナーを開催しています。
多くの治療家が参加されており、今まで1回のセミナーで513名を集めたこともあります、、、

事例3)

中村は現在も治療院経営をしていますがほとんど集客にお金をかけていません。それでもホームページだけで月平均45人の新規客を集め続けています。それも開業から3年にわたり、ずっとです、、、

 

こんな例をあげればきりがありませんが、いずれもたった数ヶ月でこんな大きなブレイクスルーを起こしてきました。しかも単発ではなく、長期間にわたって売り上げを出し続けているのです。なぜ、多くの経営者が経営に苦しむ中で彼はこんなことが可能なのか?それは、悪い言い方をすれば、、、

見込み客の感情をコントロールする

例えば、事例1)では、広告の中で病院に対する「怒り」や将来に対する「恐怖」という感情に訴えかけることで短時間高単価治療院になりました。

 

事例2)では、治療家としての「自尊心」に火をつけることで事業スタートからわずか1年で年商1億円になりました。

 

事例例3)では、見込客が密かに抱えている「心の痛み」を刺激し、彼らの共感を獲得することで、3年以上にわたって毎月45人の新規客を連れてきてくれています。

 

実は、私たちは何か広告や施策を打ち出す前に、「見込客のどの感情をどういう順番で刺激するか」を決めるためにじっくりと時間をかけます。なぜなら、それが結果を大きく左右するからです。そして、狙った感情に働きかける仕掛けを意図的に仕込んでいきます。そして、狙った感情が狙った見込客にマッチした時、、、その施策や広告は大ヒットするのです。

あなたはこんな経験がありませんか?

  • なぜ同じ料金設定で同じトークや同じツールを使ってもリピートに差が出るのか?
  • なぜ、同じ広告費をかけても集客に大きな差が出るのか?
  • なぜ、ある治療院は高くても繁盛し、ある治療院は安くても閑古鳥が鳴いているのか?
  • なぜ、ある治療院は短時間でも喜ばれ、ある治療院は長くてもクレームが出るのか?
  • なぜ、ある治療院は治療が下手でも患者さんが溢れ、ある治療院は治療が良くても患者さんが離脱するのか?

なんて不思議に思ったことが一度や二度はあるのではないでしょうか? なぜ、このような差が生じてしまうのか?

 

それは患者さんの問題点につきまとう感情のパワーを使っているかどうかの差です。

 

その感情は優越感かもしれません。羞恥心かもしれません。もしかしたら怒りかもしれません。いずれにしろ、相手に「欲しい」と思ってもらうには、そして今すぐに行動を起こしてもらうには、相手の中に潜んでいる感情を見つけ出し、その感情を刺激しなければなりません。 感情を刺激し、揺さぶられることで人は購入に至ります。

 

だからこそ、世界一のコンサルタントであるケネディもこう言うのです、、、

「私たちが求めるべきは見込客の論理的思考ではない。感情的反応だ」


と、、、さて、あなたはこのことをどう思いますか?

これは不道徳でしょうか?

そうかもしれませんし、そうではないかもしれません。というのも、もしあなたの売っている治療技術が結果を出せないものであったり、あるいは、まったくのデタラメなものであれば、この方法は倫理に反します。

 

そもそもそれは詐欺であり犯罪です。しかし、もしあなたの治療サービスが本当に患者さんのためになり、役立つものであれば、、、それを売らない方が悪ではないですか?

 

そして、好むと好まざるとにかかわらず、人を購入に導くためには相手の感情を動かさなければなりません。それを中村が体系付けてまとめたのが、、、

一部の内容を見てみると

セールスに必要な7つの感情

人を購入に駆り立てる大きな要素は7つあります。セールスが下手でリピートが取れない経営者はこの要素が入っていません。どれか一つの要素を含めただけでもセールスは非常に楽なものになるのです。

たとえば一つは「自尊心」
相手の自尊心を刺激することでリピートを増やすことができます。例えば治療前に名刺を渡し、自己紹介をしただけでリピート率32%アップするデータがるのです。

コミットメント

コミットメントを使うことでドタキャンを減らすことができます。
「変更があればお電話ください」と言うのと「変更があるときはお電話いただけますか?」と言うのでは後者の方がドタキャンを2倍以上減らすことができるのです。

コントラスト

ストレスなく高い料金を払っていただく方法があります。
多くの治療家が高い料金を頂くことに抵抗を示します。そして実際に売れません。しかし、値段を見せる順番を変えるだけで患者さんに買っていただけるようになります。

行列

人は人の集まるところに行きます。一人もいないところには不安でいけないのです。人のいる雰囲気。空気感を出すこと。これが重要です。玄関前に靴を並べて外から見せる景色をまずは変えてください。多くの治療院では誰もいない治療院だということを見込み客に発信しているのです。

限定性

いつでも手に入るものでは売れません。希少価値が高くなかなか手に入らないものになっていますか?いつでも予約が取れる治療院になってはいけません。今すぐ客は1度断るのがポイントです。

オンラインでいつでも見られます。

これはもともと、パワポテキストとDVDからなる教材ですが、それらをすべてオンラインの動画にまとめました。ですので、あなたは重い教材を持ち歩くことなく、通勤途中であろうがオフィスであろうが、必要な時にいつでもどこでもパソコンやタブレットでこのプログラムを学び、そして使うことができます。

 

このスキルを身に付けることができれば、あなたの治療院は今までよりも確実に見込客の心を捉えることができるようになるでしょう。リピート率が一気にアップすることはもちろん、値段を高くしても売れるようになったなんてことはめずらしくありません。さて、あなたにとってこのプログラムはいくらくらいの価値があるでしょうか?

このスキルはあなたにとって
どのくらいの価値がありますか?


ここで公開している『マインドコントロールの要素』は、中村が実際に繁盛院を作り上げた秘密の内容です。以前、限られたメンバーだけに1度だけセミナーを開催しましたが参加費は25万円でした。

 

もちろん、それ以上の価値があるからこそ、多くの人がこのセミナーに参加したわけですが、このプログラムではさらにテキストや事例を加えることで、見込客の感情を揺さぶり今すぐ行動に駆り立てるエモーショナルな方法を作り上げることができるようになっています。

 

しかも、あなたはこのプログラムをこれから何度も何度も繰り返し使うことができるでしょう。なぜなら、人間の感情は不変だからです。このプログラムはこの先ずっと、あなたの治療院経営に必要不可欠なものになるでしょう。ただし、、、

これは限定販売です


このプログラムは非常に極秘の内容が含まれていますので現在100名様だけの限定販売です。このプログラムを実際に参加費と同額の25万円で販売を考えていますが、まずできるだけ早く、このプログラムを試してほしいと思っています。

 

そこで今回、あなたはこのプログラムをベストオファーの4万9,800円(税込)で手にいれることができるようにしました。このプログラムで手にいれることができる価値を考えると、これでも破格の値段と言えるでしょう。でも、ちょっと待ってください、、、

 

もしあなたが今すぐ決断をしてくれるのならさらに割引し、限定価格の14,800円で提供します。

講師紹介

中村光太郎

実践会代表

中村 光太郎

セラピストスキルアップ実践会 代表
株式会社カラダスイッチ医学研究所 代表取締役所長
株式会社ワントップ 代表取締役社長

2014.02 千葉県で整体院を開業。1回10分12000円という短時間高単価の施術でも毎月490名以上の患者が来院する。
2015に短時間テクニックを伝えるセラピストスキルアップ実践会を立ち上げ、半年で全国規模の組織に拡大し、年商1億を達成。
山形ケーブルテレビで「カラダスイッチ」という番組も1年間担当。
プロバスケットチームであるパスラボ山形ワイヴァンズの顧問ボディコンディションアドバイザーも務める。
プロ治療家向けDVD「操体進化論」「次世代操体法」監修。

30日間返金保証

まずは、今日、試しにこの動画セミナーをご覧になってください。 そして、この動画セミナーで伝えているたくさんの施策を試してみてみてください。そうすれば、今まで以上の売上アップが期待できることでしょう。

 

もし、あなたが試しにこの動画セミナーを見てみて、気に入らないようでしたら、どんな理由があろうと、購入日より30日間以内に、お伝えいただければ、代金は全額お返しいたします。(通常5営業日以内)

 

スキルアップ実践会カスタマーサポート
therapist.skill.up@gmail.com

これは不道徳でしょうか?

「人を操る」という言葉に拒否感を示す人がいるのは百も承知です。ですが、人がモノを買う時には常に、多かれ少なかれ何らかの感情的な操作が行われているのが現実です。あなたがそのスーツやその靴を選んだのは、あなたが好むと好まざるとにかかわらず、何らかの計画的で意図的な力によって仕向けられたからです。それはあなたの奥さんかもしれないし、何かの広告かもしれないし、すでにその商品を買った人の意見や評価かもしれません。

 

いずれにしても、それらは一種の操作です。ケネディはこう言います、、、

 

「重要なのは操作があるかないかを議論することではない。操作はあるのだ。あなたがしなければならないのは唯一、あなたが操作をすることに成功するか、それとも失敗するかの選択だけだ」と、、、

 

もちろん、そのためにはその治療技術が患者さんの役に立ち、約束したことを実現できなければなりません。ですが、これを読んでいるあなたはきっと自分の治療が世の中のためになると信じているからこそ、治療院ビジネスをしているはずです。なので、もしあなたが人に役立つやサービスを売っているなら、そしてそれをもっと多くの人に提供したいのなら、、、あなたが受け入れなければならないのはこの耳をふさぎたくなるような、目を背けたくなるような冷たくて非情な現実なのです。

 

この現実を受け入れるかどうかはあなた次第です。正直に言って、このプログラムがすべての人の考え方や信念に合うとは思っていません。合わない人ももちろんいるでしょう。だからこそ、このプログラムには保証期間を設けています。なので、このプログラムがあなたに合うか、それとも合わないか。それを決めるためにも、特別価格で申し込めるこの機会を使ってみることをおすすめします。

PS.

繰り返しになりますが、中村光太郎の新プログラム『中村式 行動心理学セミナー』を先行販売のベストオファーで申し込めるのは先着100名までです。なので、気になる方は早めに申し込んでください。

この映像を購入